ガールズバー徹底リサーチ@昼キャバ比較編

続いては、昼のキャバクラバイトとガールズバーと比べて、どのような違いがあるのかについてご紹介していこうと思います。
インターネット上などで色々な情報を集めてみると、パッと見た感じ「同じような条件なの?」と思ってしまうような部分もありますので、ぜひぜひ参考にしていただければと思います。

そもそも昼キャバって何?

これはもう文字を読めばその通りなのですが、昼に営業しているキャバクラのことを言います。
また、朝に営業している場合は朝キャバと呼びますね。これらはその通り基本的には「キャバクラそのもの」です。
なので、例えお昼であったとしてもキャバクラで働くことに違いはありません。お仕事の内容も基本的に夜に働くものと変わりません。
つまり、キャバクラと同じように考えてもいいということになります。

でも、営業をしているのが日中時間帯になりますので、夜は忙しくて動けない人や、早く寝たい人なんかには昼キャバが合っているという話もありますね。
最近は、都会を中心に結構営業店舗が増えているのも特徴の一つです。

昼キャバの特徴

これはまずお昼間に働くことができるのがメリットと言えます。
日中から高額の時給で働ける場所は意外と少ないもの。
また、夜と比べると客層が少しライトというかマイルドになりますので、業務内容自体は夜と特に変わりませんが、負担自体は少なくなるかもしれませんね。

ただ、客層でもっとも多いのがお仕事に出勤する前のホストなどという話もよくありますので、その辺りが苦手な方はちょっと気を付けた方がいいのかもしれません。
ちなみに、お給料も夜と比べるとやっぱり下がってしまいます。
昼といってもお仕事自体はキャバクラと同等ですので、働きだしてみるとキャバクラ接客が身に付くのは一種のメリットかもしれませんね。

両方を比較してみると

ガールズバーと比較してみると、基本的にあまりお給料などは大きくは変わらない傾向があるようです。
ただ、お仕事の内容自体、キャバクラとガールズバーとを比べてみると、ガールズバーの方が精神的にも気楽にお仕事ができるというのが一つのウリになると思います。

夜に働けないようなライフスタイルの方は昼のキャバクラバイトでもOKだと思いますが、そうでなければ楽しくまったりお仕事ができるのはガールズバーの方がいいかもしれませんね。
明るく楽しく働くならガールズバーで。
しっかりお客さまを掴んで稼ぎたいならキャバというように使い分けるのも手かもしれません。