ガールズバー徹底リサーチ@キャバ比較編

気楽に働いて、でもしっかりとお金を稼ぎたい!
そんなわがままな女子の皆さんに、今回は水商売の代表的なお仕事「キャバクラのバイト」とガールズバーと比べて、色々な違いを紹介してきたいと思います。
どちらの違いもこれまで全然知らなかった!という女子のみなさんには、ぜひとも覚えておいてほしいところですね!

キャバクラとガールズバーの違いって?

まず、何と言っても風営法によって厳しい取り決めがされているか、されていないかという違いがあります。
ガールズバーはキャバと違って、カウンター越しに接客をしますよね。
確かにお客さんと話をするという点では全く同じ様にも思うのですが、キャバのようにぴったり横に座って接待のように付き添うことがない(できない)ので、もう少しライトに接客ができると思ってもらってもいいと思います。

また、キャバは風営法によってキャッチをしてもokな範囲であったり、その方法についての取り決めなど細かい部分にルールがあります。
また、深夜営業が基本的にNGなのも風営法によるところでしょう。

その点、ガールズバーは単純に女性店員が接客するだけで業務の内容はバーなわけですから、ガールズバーと言うと水商売のようにも聞こえますが、法的に見ればただのバーなんですね。
なので、風営法に触れることもありませんし、普通のバー同様深夜まで営業をされているところも多いのです。

ガールズバーの方が初心者にとってもライトで働きやすい

ここまで読んでもらえれば大体お分かり頂けると思いますが、要はガールズバーの方がキャバと比べて「ライトで働きやすい」ということですね。
きっちりマンツーマン接客をするわけでもありませんし、その分の負担は確実に少ないのです。

なので、キャバで働くのはちょっと不安かも…なんて女の子にピッタリなのです。
特に女子大生になったばかりで、実入りのいいバイトを探していたなら、キャバよりもガールズバーの方が合っている女の子も多いのではないでしょうか。

最後に、余談ですがお給料的にはやっぱりキャバの方が高いから…と考える方も多いと思いますが、そこは給料システムがちょっと違うので説明しておきますね。
キャバは基本時給もそうですが、どちらかと言うと「指名本数」や同伴出勤などのバックマージンでお給料を稼ぐところです。
なので、稼げない人には全然稼げないという側面も持ち合わせています。

その点、ガールズバーは確かに指名バックやドリンクバックなどもあるものの、基本は時給によってある程度保証されている部分があるので、気も楽にそれなりに稼げてしまうところが魅力なのだと思います。